玉造についてABOUT TAMATSUKURI

社章
社章の起源と社名の由来
当社は鋼板を○(丸)に切ったり、□(角)に切ったりして、必ず銭(銭)にする事を信条として、
この心を生産性の上に示し、切り間違って鋼屑を造らないようにと社員の育成と愛社精神とを結び付けている。
会社発祥と創業の地は、大阪の旧国鉄(現JR)玉造駅前であったので設立当初「玉造鋼業(株)」とし、
昭和46年11月に「大阪玉造鋼業(株)」に改称、平成19年4月「株式会社 玉造」に社名を変更した。

経営理念
社会貢献(ユーザーニーズを志向した経営を行い、社会に貢献する)
チャレンジ精神(企業環境変化の対応にチャレンジし、経営の効率化・発展を図る)
人格尊重(人格の尊重と能力アップに努め、会社を発展させ社員の豊かな生活を実現する)

経営ビジョン
溶断事業を中核として、その周辺事業分野を拡大し、高付加価値商品メーカーを目指す。
新しい製・販一体の事業所を設置し、現事業所による製品の売上額300億円を目指す。
社員の士気と能力を高め少数精鋭により、高給与と働き甲斐のある職場を目指す。

行動指針
問題意識を持って仕事を改善し、コストダウンに努めよう。
自己の役割を認識し、目標達成にチャレンジしよう。
職場の5Sを徹底して、働きやすい職場にしよう。


代表取締役社長 棚橋 浩司
代表取締役社長 棚橋 浩司

代表挨拶

鉄のプロフェッショナルとして業界の発展に寄与し、皆様とともに成長を続けてまいります。

私たち株式会社玉造は、「お客様に喜んでいただける会社にする。」をモットーに、高品質・高精度・短納期及び、鋼板の広幅・長尺の材料を保有することで発展してまいりました。

1949年の創業から今日に至る長い歴史の中には、工場や社屋の建設・移転をはじめ、取扱製品の拡大、製造工程の見直し、三菱商事株式会社の資本参入、メタルワン連結子会社化など、時代とともに様々な転機と成長がございました。その変革の中で、「玉造はどうあるべきか。」という考えと「お客様のニーズにお応えする。」という強い意志、そして、営業部・製造部・業務部・管理部の連携により生まれた新たなご提案により、社員一丸となって常に未来を見据えた取り組みを行ってまいりました。その企業スピリットと姿勢は、当社とお客様との信頼を築き、鉄鋼産業の進展と人々の豊かな暮らしに貢献してきたと自負しております。
おかげさまで近年では、群馬から福岡まで及ぶ広大なネットワークの形成をはじめ、厚板溶断業界トップクラスのシェアを確立するなど、多くのお客様から支持される企業、真面目でチャレンジングな鉄のプロフェッショナル集団として成長を続けております。

今後も、『鉄のプロフェッショナルとしてお客様へ新たな価値やご提案を提供すること』はもちろん、『グループ各社との連携による更なる事業の拡大』を通して、業界の発展に寄与し、柔軟な姿勢を持って皆様とともに成長を続けていきたいと考えております。

代表取締役社長 棚橋 浩司

また、社内では、誰もが働きやすいと感じる環境づくりにも取り組み、社員の幸せ、社員満足度の向上を目指しております。その実現こそが社員に前向きな考えをもたらし、会社や製品、製造工程に対する提案や改善を生み、ひいてはお客様の最良のパートナーとして活躍する人材を育むと考えております。まだまだ至らぬ点もあるかと存じますが、会社全体でサポートし、お客様やお取引先様に役立つ企業として、相互に強い信頼で結ばれたパートナーシップを築き上げることこそ、私たちの目指すべき姿でございます。

最後になりますが、私たち株式会社玉造は、お客様や仕入先様、グループ各社をはじめ、関わるすべての皆様のご期待にお応えできるよう、引き続き努力してまいります。
これからも何卒変わらぬご支援とご鞭撻、お引き立てを賜ります様お願い申し上げます。

代表取締役社長 棚橋 浩司

代表取締役社長 棚橋 浩司